みなさま、こんにちは!
人事部の小川と事業運営部の池田です。

今回、私達2名でブログを書かせていただきます。
私達は、業務でも連携することがあるのですが、今回は業務面のお話ではなく・・・

年に一度の社員旅行のプランを企画し、お金の管理や当日の引率までのすべてをプロデュースする「社員旅行プロジェクト」のメンバーをしていましたので、今回は社員旅行のお話をさせていただきます。

実は、今年の社員旅行は日本がまだ寒かった初春頃に実施しており、少し前の話になるのですが、これから始まる行楽シーズンや、これから社員旅行を企画するといった企業様にピッタリな内容となっていますので、ぜひ株式会社ロックオンの独特な社員旅行をご参考の一つにしていただけると幸いです!

 

001 (2)

瀬戸内の絶景を背景に、みんなでジャンプ!

 

皆様は社員というとどんなイメージでしょうか。
「プランは旅行代理店にお任せ~」や「慰安目的で、とにかくゆっくり寛ぐ」などなどあるかと思います。

しかし、「impact On The World」を掲げる株式会社ロックオンの社員旅行は一筋縄ではいかないのです。
ゆっくり寛ぐだけでなく、いかに皆の心に残るインパクトのある旅行にするかが重要となってきます。旅行の企画は事前に役員の承認を得る必要がある為、ありきたりな内容だと却下されるのです。

よりオリジナリティがあり、株式会社ロックオンらしい企画となると、自分たちで”0″から作り上げる必要が出てきます。この試行錯誤が旅行プロジェクトの醍醐味でもあります。

さて、今回はどんな旅行になったかといいますと・・・
コンセプトを「原点回帰と結束」とし、それに合ったロケーション・企画を考えました。

そして選ばれた舞台は「学校」!!

 

002

なんと廃小学校を活用した宿泊施設なんです。

 

瀬戸内は、しまなみ海道に浮かぶ「大三島」と言う島にある元小学校なのです。
懐かしい子供の頃を思い出しませんか? そうこれが原点回帰!

今回の旅行では、この学校で数々のアドベンチャーが繰り広げられました。

 

■やっぱり学校に来たからには授業!
小学校に着くなり、まず最初に入学式を開会!
懐かしい朝礼台で挨拶をし、みんな改めて小学校へ入学です。

プロジェクトメンバーによる開会の挨拶が始まります

プロジェクトメンバーによる開会の挨拶が始まります

 

入学したからには、授業があります。
今回、特別に用意した制服(株式会社ロックオン特製Tシャツ)に着替えたら、さっそく抜き打ちテスト!
後で待ち構える企画に関係した問題を受けて貰いました。
簡単そうに見えて、意外と難易度が高い問題に苦戦する生徒達。

終了後は、テストの結果に応じて班分けがされ、チーム対抗戦が行われます。

普段、関わることの無い大阪、東京の社員もこれを機に親睦を深め、優勝目指して結束力を固めます。 出された問題は魚へんの漢字を書き出す対決や、即興絵かき対決!

 

003

 

絵の苦手な社員が多いようで、判定が難しい・・・。

プロジェクトメンバーとしては、このテスト問題が盛り上がるのか超不安だったのですが、みんな童心に返ってすっかり大はしゃぎで、成功を確信しました!

 

■自らでつくる大好物の給食
「小学校の時、大好きだった給食メニューは?」という事前アンケートで、第1位に輝いた「カレーライス」

という訳で、原点に戻って、給食も手作りで調理していきます。(家庭科の授業ですね♪)
割烹着に着替えたならば、米を洗うところからスタート。

 

004

 

ここでは、料理大好きパパが大活躍!
大きな美味しそうな牛肉に期待が膨らみます。

 

005

 

調理台をみんなで囲むのも何だか新鮮!小学校でビールを飲むのも、新鮮♪

 

006

 

みんなでいただきまーす!

 

■光のない世界 学校の闇に挑む
美味しい料理に満腹になっていると、ふっと、食堂の電気が消えました。
…あれ、生徒も、人数が減っている…?

肝試し1

 

 

 

…ぎゃー!!

 

 

 

光のない世界… そう、真っ暗な夜の校舎で、肝試しのスタートです。
女性は、ひとりひとりペアになりたい男性のパートナーを指名していきます。男性陣ドキドキドキ…

 

 

ペアは、離れないように手錠でしっかりと手を結びます。余った男性は、男性同士で。(笑)
さあ、1組ずつどうぞ…♪

ウォーミングアップに「呪いの恐怖ビデオ」を視聴(学校系の怖い話系&ヘッドホン着用)してもらって気持ちが盛り上がってきたら...それでは、いってらっしゃい♪

 

008

 

夜の校舎に、「ギャーーーッ!!!!」という、野太い声が響く響く。笑

■お化けも社員でした
実はこのお化けたちも、社員。
トイレの個室や、ベッドの隅、体育館の二階…そしてグラウンドにまで待機して嬉々として驚かせていました!

 

008

 

IMG_1476

 

社員旅行の夜はこうして更けていくのでした・・・!

 

■しまなみの大海原へ
しまなみ海道といえば、瀬戸内の美しい海。そこで採れる魚介類も逸品です。

原点回帰にふさわしく、自分たちの食料も自分たちで釣る!
みんなで早朝から遊漁船に乗って、カサゴ釣りに挑みました!

 

009

 

釣り初体験の人が多いにも関わらず、釣れる釣れる! まさに入れ食い状態♪

最初餌を付けるのもままならない若者達もすぐに慣れていきます。
最終的に私達が想定していた数の3倍以上の釣果になり、「こ・これ全部食べきれるのかしら?」と心配になるプロジェクトメンバー達。

この時点で、自給自足のサバイバルから満腹グルメ旅行へ路線変更されました(笑)

 

■最後は穏やかな観光をご用意
最終日は、しまなみの島々からバスで移動して、広島県の尾道を散策してお土産や観光を楽しみます。

おのみち散策

坂のまち尾道を散策

尾道U2」内の素敵なレストランでランチを済ませた後は、各自の自由時間の始まりです!

 

尾道は猫が多く、猫好きにはたまらない。 すぐに撮影会が始まる

尾道は猫が多く、猫好きにはたまらない。 すぐに撮影会が始まる

女子旅派も男子旅派も思い思いに親睦を深めます

女子旅派も男子旅派も思い思いに親睦を深めます

地元グルメ堪能派もサイクリング派も、様々なスタイルで楽しめます

地元グルメ堪能派もサイクリング派も、様々なスタイルで楽しめます

サバイバルしない平和(?)な時間を、みんな思い思いなスタイルで、ゆっくりと観光を楽しみました。社員旅行プロジェクトでは、このように幅広く楽しめるよう様々な企画を用意しました!

そうして、ようやく帰路へ。大阪の社員も東京の社員もそれぞれの家へと帰ってゆきます。
楽しい(怖い)体験、お腹はいっぱい、お土産もバッチリ。
ということで今年の社員旅行も無事に幕を閉じることができました。

瀬戸内は優しくホスピタリティにあふれた素敵な人々や名所がいっぱいで、そういった地元の良さを知れたのことも運営上の大きな発見でした。

そして、企画や準備など、プロジェクトメンバー以外には極秘ということもあって、実際に旅行当日に参加者のみんなに心から楽しんでもらえた時の達成感は大きいと同時に、更に結束力が強まったことに、このプロジェクトの大切さを実感できました。

以上が2015年度の株式会社ロックオンの社員旅行です!
如何でしたでしょうか?

自分たちで”0″から企画して作り上げるのは、最初は中々上手くいかない事もありますが
みんなを楽しませたいという目標に向かうことで、様々な発見や新たな連帯感が生まれると思いますので、是非、チャレンジしていただけたらと思います!

それでは最後まで読んでいただき有難うございます。